ガイドライン調査の流れ 設計と施工を分離せず一気通貫で工期の短縮化〜施工実績があるT&D工務店へ

ガイドライン調査の流れ

ガイドライン調査を活用した検査済証の無い建物の適正化工事フロー​
T&D工務店の特徴

検査済証が無い建物の工事をする際には、ガイドライン調査が必要です。弊社が設計・施工を行う場合と設計事務所が設計するケースを比較したフロー図になります。

ガイドライン調査を活用した工事は、設計と施工を分離せず一気通貫することが大事です。​

設計事務所経由での依頼になる場合は、適正化に掛かる工事金額や、確認申請後の本体の目的の工事(増築や用途変更、エレベーターなど)の見積等は最初の段階ではわかりません。実査に工事にかかる費用は施工会社(工務店や建設会社)に見積依頼をしないと出ません。最初に見積もりするためには見積可能なレベルの図面が必要になります。その為には、まずガイドライン調査としての設計契約を結び、意匠調査や躯体調査をする前に、見積用図面を作成しないと施工店へ見積依頼をかけられません。そこでやっと予算が判明しても想定外であれば工事着手が出来ず、「断念」という選択になります。そうなると設計費用等など、そこまでの費用が捨て金になってしまいます。​
弊社であれば、最初の段階で簡易的な調査を行い、事前に概算を提示することが可能な為、続行するかの判断の材料と出来ることと、施工店なので一気通貫することにより、各フェーズでの重複工事の削減検証や、ガイドライン取得後の確認申請~目的の工事までのトータルの計画や提案、概算提示ができます。またその分プロセスが少ないので、工期の短縮化にもつながっています。


弊社では、検査済証が無い建物のガイドライン調査を活用した適正化工事に積極的に取り組んでいます。下記に検査済証が無い建物についてまとめさせていただいてます。日々更新していきますので是非参考にしていただけたらと思います。

まとめサイト

まとめサイト

新築・リフォーム・オフィス工事・店舗出店工事はT&D工務店にお任せください!
検査済み証が無い建物についても
是非ご相談ください!

PAGE TOP
内外装工事のご相談、随時無料で承ります
お問合せはコチラ
お困りの方・お急ぎの方へ
お問合せはコチラ