かみなりグリル様

神田の西口商店街の中にて飲食店出店工事を施工させていただきました。
店名は「かみなりグリル」様になります。もともとスペイン料理屋さんが入っていた(1棟借り)ビルにて、各階をテナント化、1階2階の2フロア工事になります。

1階カウンター

改装前店舗がかんり木材をふんだんに使った仕様の為、(かなり重厚な木材什器や、木梁、床など)これを活かさない手はなく、古民家再生とまではいきませんが、少しそれに近い施工内容でした。
改装前がスペイン料理屋であったため、「和の調を取り入れ、かつ神田の商店街中という土地柄、サラリーマンのオジサン達も入りやすいような雰囲気を」との施主様のご要望をかなえるべく、仕様建具、塗り方、左官、木材再生方法などにこだわりました。
塗装に関しても(木材塗装)昨今流行りの、海外風の古材っぽさではなく、日本の古民家っぽい古材さをだしました。建具も敢えて高さ1745付近の1枚ガラス(昔の戸建てに多かったと思います)引戸としました。

内観

天井には何本か厚い木梁が走っています。
吊り下げ照明などは、施主様選定にて、空間雰囲気にマッチした灯りがとれました。

内観 〜床〜

椅子やテーブルは一つ一つ加工削りだしをし、再塗装。
床も同じく、昭和とも中世の酒場とも思わせるような雰囲気に。

カウンター

メインカウンターは、曲がりを加工及び、延長をし全体を削り直し再塗装。
全体共に統一したコンセプトの質感(使用感、古材感)

PAGE TOP